元々釣り船頭だから釣りがメイン



大物船頭(流し釣り船頭)

一般は禁止されている今切口及び導流堤周辺で弁天流し釣り
主な釣魚はマダカ(スズキ)、ヒラメ、マゴチなど
船を潮の流れに沿って流すためオモリは極力小さく
純粋に魚の引きを楽しめます

弁天流し釣りとは?
浜名湖の特徴でもある川のように強く流れる潮流でも
フカセ釣りのような展開ができるように
風向き、潮流の向きを読んで船の向きを調整させる釣法
船上でもあるため、広範囲に探る事も可能
釣れる魚もキロを超えるものばかり
(オマケにスズキも綺麗な環境のため刺身は最高に向いている)

料金システム
○仕立船(貸切)○ 1人25,000円の1人増し5,000円増という体制(外税)

竿・仕掛け・エサ等、釣りに必要な道具は船頭さんが用意
古橋屋で発泡スチロールの箱を販売しているので
クーラーボックスも不必要。簡単に言えば手ぶらで出船できる
(合羽などはサイズにもよるのでできれば持参したほうが・・・)
また船頭さんも釣りに参加するが船頭さんが釣った魚は
全てお客様のモノとなりお持ち帰りできます

ではもし自分で用意する場合何が必要か?
竿:4m前後、細め先調子の海上釣堀竿か流し釣り専用の竿
リール:3号100m巻けるスピニングリールに3〜4号のナイロン糸
竿が真中から曲がる同調子の竿だとエサが逃げる様子などが敏感に伝わらず
かといって沖竿のような短い竿だと船自体の高さがないため
釣ってから取り込む際に苦労する(そのため専用竿も販売中)
リールは多少小さくても大物を釣った場合は船で追走する事も可能なので
問題はないが、タナを取る際に色分けしてると便利
糸に関してはPE(縒り糸)だと使うオモリが軽いため
糸がやわらかすぎて出てくれない。ナイロンがベスト

仕掛け:伊勢尼1本針、イカダ1本針、イカダ針孫針付
主に使うのは上記の3つ、イカダ針はサイマキ(車海老)・冷凍系エサ専用で
伊勢尼の1本針はハゼ、キス&活サイマキ用である
イカダ針というのは針自体にオモリがついているもので
市販されてるメーカーはあまりない(古橋屋では自作で販売はしている)
ハリスは2.5〜3号の1.5〜2mほど。オモリは0.5〜6号まで
形は特にこだわりはないが、脱着できるように工夫していればなお良い

エサ:サイマキ(車海老)、キス、ハゼ、ヒイラギなど
(時価)

主に使うのはこれぐらいだが、サイズによっても釣果が左右されるため
把握して調達できる人以外は船頭さんから横流ししてもらったほうがいい

*乗り合いのシステムはまだ試験的な段階ですので
後々改善される可能性はあります
詳しくは電話(053−592−0556)まで

小物船頭

大物船頭とは違ってキス・ハゼといった小物がメインの船頭
錨を下ろして係り釣りや、流して釣る事もします。大物船頭に比べればスケールはかなり小さい
のですが、「料金も安くお客様のご都合により時間を開始できる」ので家族釣りには最適です
当然こちらも仕立て船なので、竿・仕掛け・エサは船頭が用意・船頭さんの釣った魚もお客様持ち

料金は2名様2時間以内までで11,000円
一人増し2000円、1時間延長5,000円、土日祝日は2000円増しとなります

土曜日で3人、3時間やると仮定すると11000+5000+2000+2000
合計でちょうど2万円になります




貸し船

小型船舶2級(旧4級)の免許を持っていれば、浜名湖内の船外機ボートを貸し出しできます
走行としては・・・4人乗りなら古橋屋から村櫛まで往復はできるでしょう
貸し出し時間はアバウト・・・日の出〜日の入りもしくは午後〜夜中
貸し船の種類は以下の通り

4人乗り9.9馬力料金は8,500円(土日祭日は500円増し)

8人乗り9.9馬力料金は10,500円(土日祝日は500円増し)

8人乗り40馬力(丸ハンドル)料金は12,500円(土日祝日は500円増し)




8人乗りは大きさ自体は4人乗りとさほど変わりませんが
8人乗りの許可を得ている&ガソリンの容量が4人乗りの2倍であるため
料金が割高となってます。また8人乗りはいずれも1隻づつしかないため
希望される場合は予約が必要となります

釣り具

最低限、古橋屋周辺で釣りするには必要な釣具は揃ってあります
個人で流し釣りをする人のためにサイマキ(小さい車えび)も置いてあります
(しかし倉庫にはサイズ的に大きすぎるものや沖釣り用の釣具が・・・古橋屋の大きな謎でもあるw)
愚息が店番をしてる時は釣り初心者のために釣具の使い方や投げ方を
これでもか!というぐらいのお節介で教えます
ただし、これはサボってる証拠なので見かけたら注意してください(爆)

詳しくは TEL:053−592−0556まで

苦情・おおげさ・まぎわらしい等に関するお問い合わせ


< ホームに戻る
もう飽きた